車を売るときに必要なことは?

新車ディーラーで車を買う時に下取りになったクルマは、そのディーラーを通じて廃車となるか、中古自動車として市場に出回るというルートに2分されるとのことです。 1円も払わずに利用が可能であるサービスですので、一括で車査定を頼み、売却前にどれくらいの値で買い取ってくれるのかを把握しておくと交渉にも役立ちます。 ネットで得られるのは、概ねの買取金額になるのですが、いざ価格の話をする時に不利益を被るよう

続きを読む

節税対策の裏ワザを知ろう

節税対策とは合法的に税金を減らす手段ですので脱税とは違うものです。 出来る限りの裏ワザを駆使して控除を受けることにより、かなり節税できるのですが、その手段を知らないと知らない間に多くの税金を支払ってしまいます。 税務署も節税の手段をわざわざ教えてくれませんので、自分で調べるしかありません。 節税対策の裏ワザで得にオススメなのは、奥様のパート収入を103万円までに抑えておくことです。 1

続きを読む

節税対策とマンション経営について

節税対策とは、税法にある規定や条件を読み込んで適法に税の負担を減らしていくものになります。 そんな節税対策のひとつがマンション経営です。 マンション経営などの不動産には税金上優遇措置が設けられています。 節税対策として、現金ではそのまま税金がかかってしまうところ不動産では二割や三割、場合によっては八割も計算上の価値を下げて税金を計算できるようになっていたり、マンション経営をしている場合で

続きを読む

亡くなる前にできる相続税の節税対策にはどんなものがあるか

相続税の節税対策は、被相続人が亡くなる前にある程度行っておくと良いといわれていますが、亡くなる前にできる節税対策にはいったいどのような方法があるのでしょうか。 例えば、数千万円や数億円といった単位で現金を保有している人は、その現金で不動産や高価な美術品などといったものを購入することが節税対策になります。 5,000万円の現金をそのまま相続する場合と、5,000万円を出して購入した宅地を相続

続きを読む

高級車における節税対策とは

大企業の重役や社長の多くは、高級車に乗っていますが、個人名義ではなく会社名義で購入することで、節税対策をすることができます。 そのためには、いくつかの手順を踏む必要があります。まず、会社を法人化しておきます。 法人化しておくことによって、高級車を法人名義で契約することができます。取引先までの移動や出社などであれば、仕事で使っているとみなされるため、会社の経費として処理することができます。

続きを読む

サラリーマンの節税対策は控除額の増額によって行うのが基本

サラリーマンは源泉徴収制度により、給与の支払い時に所得税などが差し引かれます。 そのため、節税対策をしたくても、給与が手元にわたった時点では節税のしようがないと考える人は多いです。 しかし、そんなサラリーマンであっても、節税対策をする余地はまだまだ残されています。 サラリーマンの場合は、たくさん設けられている控除の仕組みを活用して、できるだけ控除額を多くする方法をとることが、節税対策につ

続きを読む

不動産を使った節税対策の方法

不動産を所有することは、節税対策に有効です。 不動産には、様々な税金の優遇を受けます。 例えば住宅ローン控除で税金が戻ってきます。 所有するだけでかかる固定資産税も優遇されます。 賃貸で利益を得る場合、赤字になれば給与所得など相殺されて税金が安くなります。 不動産所有者の節税対策には大きくわけて2種類あります。 まず、所有することで得られる利益を少なくすることです。 経費の計上を

続きを読む

節税対策になる個人年金保険

契約時に決めた年齢から積み立ててきたお金を年金のように受け取ることが出来る個人年金保険は、高齢化が進む現代日本において非常に重要になってきています。 そして、これに加入することで得られるもうひとつのメリットとして節税対策になるということです。 所得税と住民税では生命保険控除を受けることが出来ます。 個人年金保険の保険料は、いずれ年金として加入者のもとに返ってくるものですから、その節税対策

続きを読む

法人にとって大切な節税対策について

法人を設立すると様々な方向から税金が課されます。 冷気に対する課税は勿論、所有している資産に対しても課税される仕組みとなっています。 そのため、支払う税金を最小にして企業活動のために使えるお金を最大にすることが、より上手な企業経営であると言えます。 そのための手法が節税対策と呼ばれています。 法人にとって最も大きな課税の一つが、利益に対する法人税の支払いです。 この税金は利益に対して

続きを読む